家計管理 専業主婦 パート

MENU

なぜ、家計簿は挫折しやすいのか?

家計管理に欠かせない、強力なサポートアイテムとなる家計簿。毎月入ってくるお金(収入)と、出ていくお金(支出)をリアルに数字にして見えるようにします。数字にすることで、家計の問題点を発見したり、改善することができたりするのです。まさに、家計管理においては基本となるものです。

 

とはいえ、数字を書き込んでいくのは結構細かい作業となりますし、家計簿をつけたとしても必ずお金が貯まるかどうかは…わかりません。「面倒なだけでちっとも貯まらない!」なんて、イラッとして挫折してしまう人も、実は少なくないのです。また、あまり張り切りすぎるのも、長続きしない原因になることも…張り切りすぎるあまり、完璧主義に近くなってしまい、ちょっとしたことがストレスとなり挫折してしまうのです。

 

家計簿で失敗しやすい大元となる理由は、家計簿をつけっぱなしにすることです。買ったものはもちろんですが、何の代金が銀行から引き落とされたのか…それだけをすればいいと思っている人が多いのですが、じてゃそうではありません。

 

家計簿はただ、使った金額を付けるだけではダメ。つけるからには、そこに目的をもって記入していかなくてはいけないのです。例えば、「毎月、不明となっている金額をはっきりとさせたい」とか「1週間に使っていい金額を決め、その中でやりくりしたい」とか…どうして家計簿をつけるのか、その目的をきちんと決めてかかります。つまり、家計簿というのは、お金の流れを数字にしてわかりやすいようにするだけでなく、自分の悪い癖を見直す為のものでもあるのです。


使途不明金を探し出す

家計簿をつける目的はさまざまですが、忘れてほしくないのが使途不明金を見つける事。使途不明金とは、知らないうちに消えていったお金の事。知らず知らずに使ってしまったお金がないかどうか…チェックして、あればそれを改める事です。

 

ほとんどの家庭に、この使途不明金というのは存在しています。「うちにはないわよ」と言っていても、家計簿を付ける事でその使途不明金の存在に気が付くことになるのです。平均的としては、2〜3万ほどの使途不明金が発見されています。

 

大体、1ヵ月も家計簿を付ければ、お金が何に使われているのか把握できるようになります。突然の思いがけない出費もあるかもしれませんが、大体の基本的な支出はわかるようになり、突然の出費にはどれくらいの金額であれば対応できるのかも捉えやすくなるでしょう。

 

家計簿をつけ始めると、「こんなに外食していたの!?」とか「携帯、使いすぎ!」なんて、思っていたよりも浪費していた部分も見えてくるかもしれません。次から次へとそういった、思った以上の支出が発見されたらショックではありますが、それを改善するチャンスです。これまで吹き荒れていた無駄使いの嵐を、すぐに止める様にしましょう。

 

お金が余ったら貯金する…なんて思っていても、こうした使途不明金などがあることからも、ほぼ無理。あればそれだけ安心して使ってしまうものなのです。