家計管理 専業主婦 パート

MENU

買いだめするのに向いていない人

消費税が増税されたことで、ほとんどの家計において大きなダメージが…。少しでも節約しようと買い物をいろいろと工夫しますが、買いだめするのもその一つの方法となっています。予算を決めて、その範囲内で1週間分の食材を買う…まとめて買う方がお得な感じもしますが、これはなかなか高度なテクニック。中には、買いだめすることで余計に家計を圧迫してしまっていることもあるのですから、意外と慣れとテクニックが必要であるといえます。

 

まず、買い物が根っから好きな人には向いていないといえます。こういったタイプの人は、お店でじっくりと商品を選んでから購入し、帰ってから品物を取り出すのが大好きなのです。インターネットの通販サイトでも、購入ボタンを押すのがたまらなく好き…なんて、買い物をすることが大好きな人は要注意です。買いだめをするということは、買い物をする機会が減るということですから、その好き加減によってはストレスになってしまうのです。

 

また、あればあるだけ食べてしまう、もしくは使ってしまう人も向いていません。カップラーメンやインスタント食品、クッキーやチョコレートなどの菓子類、ペットボトルのお茶など…保存用に購入しておいた食品をどんどん食べてしまうタイプは、買いだめをしても余計に消費が減るだけです。

 

そして、買いだめをするこということは、大量に食品をストックする場所を確保しなければいけないということ。それだけの場所がないとできません。部屋も窮屈した感じになってしまい、それを解消しようとして収納スペースを購入するようなことになってしまったら…まさしく本末転倒。お金をカットするのに余計な出費を増やしてしまったら、意味がありませんね。


買いだめには、在庫管理能力が必要

食品などを1週間に1回の買い物で済まそうとするのは、家計管理において便利な方法ではあるものの、向いている人と向いていない人といますから、自分がどちらに当てはまるのかしっかりと把握しておく必要があります。1週間分の食材を購入するにはある程度の頭の回転が必要となりますし、また、家に大量に買ってきた食品を保管しておけるスペースがないといけません。

 

当然ですが、食品を大量に購入するということは、それらを管理できるようでなければいけません。食品には賞味期限や消費期限が設定されていますから、それらを記憶し、期限切れにならないうちに使い切らなくてはいけないのです。一つ二つならまだしも、多くの食品の期限を、大体とはいえ把握しておかなくてはいけないのですから、買いだめにはある程度の在庫管理能力が求められるものと言えます。保存食などはそこまで詳細に覚えておく必要はなく、「来年の春まで大丈夫」といったように、ざっくりと分類しておけますが、食品はそうはいかないので、細かい管理が苦手な人にはちょっと厳しいかもしれません。

 

必要以上に購入することで、上手に切り盛りできる人は買いだめをするのがいいかもしれませんが、使う分だけこまめに買い物をした方がいい人には、買いだめは難しいかもしれません。