家計管理 専業主婦 パート

MENU

スーパーの誘惑

主婦にとって、消費税の打撃は日々スーパーマーケットで実感されます。税込み価格を見た時のショックは大きく、「こんなにも税金でとられるんだ…」なんて思わずため息をついてしまう事も。単純計算ですが、消費税8%で年間数万といった金額が増えることになり、これが10%になった年には十数万といった金額が増えるといわれているのですから、家計を守る主婦としてはやりくりが厳しく大変です。消費税によるダメージから家計を守るためには、まずは日々の見えない無駄使いを抑える必要があります。特に、ついつい無駄使いしてしまいがちな、スーパーでの買い物に気を付けなくてはいけないのです。

 

ちなみに、スーパーの方でも、いろいろと買ってもらうためにさまざまな工夫をしています。つまり、お客さんの購買意欲を高めるための仕掛けや誘導がいたるところに散らばっているのです。「ちょっと牛乳がなくなっちゃったから…」なんて買い物に来て、それら仕掛けから、「せっかく来たから…」なんて店内をぐるり。気がつけば、かごの中には牛乳以外の商品が入っていた…なんてことに。

 

ほとんどのスーパーの食品配置というのは、入り口付近に色も鮮やかな野菜やフルーツを並べ、その奥に肉や魚、そして出口付近にお惣菜、日常的によく使う卵は中央付近…といった感じになっているはずです。この配置というのは、お客さんが店内をうろつきやすいように考え抜かれたもので、衝動買いやふと思い出した品、ついでに買おうと促すことを目的としています。まさに、買わせる戦略の基本なのです。


スーパーの買い物術

さまざまな誘惑を用意し、消費者の購入意欲を高めようとするスーパー。家計を守る主婦としては、この誘惑に負けないようにしなくてはいけません。スーパーに行くときには、次の事に注意しておきましょう。

 

@買い物の回数を減らす
これは当然と言えば当然の事。スーパーに行かなければ誘惑されることも、無駄に買うこともないのです。1週間に1回といった極端なことは慣れてからでないと無理ですので、まずは2日に1回にしてみるとして、行く回数を少しずつ減らしてみるようにしましょう。

 

A空腹の状態では行かない
お腹が空いていると、お菓子やパン、おつまみ、お惣菜など…小腹を満たすために買ってしまいやすくなります。これは「お腹が空いた」という本能が成せる業ともいえますので、ストップをかけるのはなかなか大変でしょう。空腹もしくはそれに近い状態で出かけるのは危険ですから、食後に行くようにしましょう。

 

B冷蔵庫に何があるのか確認
今、家にはどんな食材があるのか…きちんと確認してから行きます。「これ、あったっけ?」と言って、二度買いする予防になります。また、何を買うのかを決めて、メモに書いて持っていくようにしましょう。

 

C予算内で買う
予算を設定し、その範囲内に収まるようにします。できれば、決めた予算以上のお金は持ち歩かないようにするのがいいです。そうすれば、誘惑に負けそうになっても手元には買えるお金がないわけですから、強制的に無駄使いをシャットアウトすることができます。