家計管理 専業主婦 パート

MENU

リボ払いや手数料への意識

クレジットカードにある便利な返済機能、リボ払い。毎月の返済額を一定にして、出てしまった分は来月分の枠組みのなかに入れて返済する…一見、便利そうですが、使い方によっては利息が多く取られてしまい、延々と返済し続けるといった悪循環に陥ってしまう事もあるのです。このリボ払いの怖さを知っていて、絶対に利用しない人は、お金の管理の基礎はできているといえます。実質金利も把握しているからこそ利用しない…なんて人は、お金も貯まりやすい人といえるでしょう。

 

逆に、リボ払いを便利な機能だと思っていて、いつも使っている…なんて人は要注意。返済額を繰り延べているリボ払いを便利と感じているようでは、お金は一向に貯まらないでしょう。こうした人は、実際の金利はいくらで、利息をいくら払っているのかといった把握もできていないことが大多数。大きな損をしてしまいやすいのです。

 

お金を借りるということは、ある程度の手数料がかかるのは仕方がないとはいえ、それをどこまで理解・把握し、少しでも少ないところから借りようとするかしないかで、お金の貯まり具合も変わってきます。貯金が上手な人というのは、少しの手数料でも払うのが嫌で、なるべく手数料を払わないで済むような方法を考えようとします。

 

ですが、貯金がヘタな人というのは、手数料を軽く考えて、いくらでも言われたとおりに払ってしまいます。調べるなんて皆無。微々たる仕方がない経費と考えて、そのままにしておくのです。でも、手数料というのは決してバカにできないもの。塵も積もれば山となる…といったことわざがありますが、まさにその通りで、その合計金額は相当な額となるのです。


借金についての考え方

車や住宅など…時には大きな買い物をするために借金をしなくてはいけない事もあります。それは、貯蓄がいくらあってもです。なぜなら、持っているお金をすべて出してしまったら、もしもの際に大変なことになります。ある程度、大きな買い物の時は借金をするのは仕方がない事と言えます。

 

この借金に対しての考え方の違いが、お金の貯まる、貯まらないを左右するといえます。お金が貯まりやすい人は、将来的に獲得するであろう収入の為の借金も考えます。資格を取るなどのスキルアップにお金をかけることで、将来的に職業選択の幅が広がり、それが収入アップにつながる可能性が大きいからです。つまりは、必要な投資の為に借金をするのです。ですから、将来的に収入とならないだろうと考えられる借金は、作ろうとはしません。

 

逆に、お金が貯まらない人というのは、今の欲求を満たす為だけに借金をしようとします。投資なんてことは頭になく、無縁の消費に近い借金をしてしまうので、将来的に困ってしまう事がしばしば…。その借金が、近い未来に収入を生み出すものとなるのか、それともならないのか…その差が貯蓄にも現れるものとなるのです。

 

また、将来的な視野も入れて借金をする代表例ともいえる、マイホーム。これは、良い資産と悪い資産とありますので、注意しておきましょう。時間と共に価値が上がるのは良い資産ですが、下がるのは悪い資産です。住宅購入のための借金を考えている場合は、こうしたことも考慮しておくといいです。